2011年09月08日

漢方を用いたマリアアザミ(草)


そこで注目を集めているのが東洋医学によるマリアアザミ(草)策、鍼灸や漢方薬の活用ですね。
特にお茶という性質柄からも、まあマリアアザミ(草)の漢方としては、比較的活用しやすい方なのではないだろうかと私は思いますね。
最近は、大手のドラッグストアでも、漢方の取り扱いや調合をしてくれるところはありますから、そういうお店でもマリアアザミ(草)に関する相談は出来ると思います。
それに、西洋医学のアトピー治療で用いるステロイド剤などは、長期間の使用や多量の使用は危険だとされています。
ただ、特に飲む漢方は、いくら副作用が少ないとは言え、0ではない可能性もありますから、マリアアザミ(草)に用いる場合は、少々気を付けた方がいいかも知れませんけどね。
その点、副作用の少ない漢方なら、長期間に渡るマリアアザミ(草)にも適しているのかも知れませんね。
勿論、全てのマリアアザミ(草)に関する情報が、自分の欲しい情報とは限ってはいないでしょう。
飲み薬あり、塗り薬あり、入浴剤ありの漢方の世界、アトピー対策に一役買うのも納得出来ると言えば納得出来るというものです。
確かに、漢方のお茶や入浴剤は、アトピーがあるとかないとかに関係なく、もともと体にはいいと言われていますもんね。
それに、マリアアザミ(草)の食事療法の中にも、甜茶などの中国茶を勧める説が多数見られます。
甜茶はどうだろう、甘いお茶だから、子供でも割と慣れれば飲めるんじゃないかなぁ。
実際問題、漢方の入浴剤は臭いが独特なので、いくら子供のマリアアザミ(草)だとは思ってもねぇっと、大昔に言っていた友人もいました。
けれど、最近は西洋医学と同様に東洋医学もグングン進化していますからね。
ただ、うちは夫婦二人暮らしで、マリアアザミ(草)が不必要なため、今のところは常用はしていないんですけどね。
後は、インターネット上のブログやサイトですね、これが案外頼りになると言いますか、いい参考になったりもします。
そこで、体を温める効果の高いお茶や入浴剤のような漢方は、取り分けマリアアザミ(草)には適していると言われています。
また、自分や子供にフィットするかどうかというのは、さらに大きな問題になって来ます。
posted by トリトン at 11:31| マリアアザミの効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。